ごあいさつ|伊豆高原オーベルジュ・ミヨー

オーベルジュ・ミヨー
  • ごあいさつ
  • フランス料理
  • 70㎡の客室
  • スウェーデンハウスの館内
  • アクセス
  • 周辺観光
  • ご宿泊プラン
  • 空室状況
オーベルジュ・ミヨーよりお客様へ

伊豆は、首都圏から約2時間という距離にありながら、温泉と海、山の自然に恵まれた、国立公園の中の保養地として古くから愛されてきました。
歴史も古く、源頼朝はこの伊東の地で青年期を過ごしましたし、江戸初期には徳川家康の要請を受け、ウィリアム・アダムスが、伊東の港で大型船舶を建造しました。また、幕末にはペリーが下田に来訪して国交を開いたという、国際的な土地でもあります。そのうえ、静岡県は、国内有数の農畜水産物の生産地です。

私たちは、このような歴史と文化と自然豊かな伊豆高原で、伝統と現代をフュージョンさせたフランス料理を味わっていただこうと考え、オーベルジュ(宿泊施設付きレストラン)を伊豆高原に開きました。 フランスと日本のエスプリを込めながら、現代にマッチした味と雰囲気を、一皿の料理に表現していきたいと思っております。そして、お食事を引き立てる食器、テーブルセッティング、レストランのしつらえにも心を配り、温かいお料理は温かく、冷たいお料理は冷たく召し上がっていただけるよう、サービスに努めます。

お泊りは、1日1組ですから、大室温泉と、大島を望む広い空、伊豆高原のシンボルである、大室山や天城連山からの風を存分にお楽しみいただけることと存じます。都会では味わえない、伊豆高原で過ごすゆったりとした時間と、おしゃれな雰囲気の癒しの空間をぜひお訪ねください。スタッフ一同、心を籠めておもてなしさせていただきます。

シェフとマダム
Chef 増渕 誠次
地元産の厳選した食材を多く使い、こんなにもフランス料理は美味しい!ということを多くの方に知っていただきたい。
静岡県は、高品質な農畜産物、水産物に恵まれておりますので、でき得る限り、地産・地消、旬産・旬消を意識して厳選した食材と、バターや生クリームを控えた、身体に優しいフランス料理を心掛けております。また、奇を衒い過ぎる料理より、その素材の持ち味を生かす、材料の組み合わせの妙味、食感の妙を楽しんでいただきたいと思っております。
フランス料理一筋のキャリア
本場フランスの5ツ星ホテル等で学び、帰国後は首都圏の有名ホテル
ホテルエドモント、ホテルニューオータニ等で経験を積む。
幕張新都心のホテルフランクスにて料理長を10年余り勤めた後、伊豆高原に移住。
増渕 誠次
増渕 幸子
伊豆高原は、海、山の自然に囲まれ、夏は涼しく冬暖かく、食材も豊富です。
レストランでは、お花のアレンジで寛いだ食空間を作り、シェフのお料理を堪能していただけるようなおもてなしを心掛けております。お客様にテーマがありましたら、テーマに添ったテーブルコーディネイトもいたします。お部屋からは、大島始め伊豆諸島を望めます。
温泉でゆっくりしながら、ご自分へのご褒美のエステもいかがですか?都会の喧騒を離れ、日常の雑事からも離れて心身共にリラックスしてくださいませ。

テーブルコーディネート、フラワーアレンジメントの経験を活かし、また、ブーランジェ、
洋菓子インストラクターとして腕を振るう。
増渕 幸子
おすすめプラン